進路のしおり

教育内容とその特色 ふるさとの活力と発展に貢献する人材を育成します
【教育目標】
 本校は、学びの質を高めることを通して、地域に信頼される学校づくりを推進します。日々の授業で身に着けた学力を、部活動や様々な学校行事の中で質を高め、その成果を学校外にも積極的に発信しています。3年間の高校生活を通して、ふるさとの発展に貢献できる資質と能力を身につけます。
【学習内容】
生徒一人ひとりの能力や特性に対応したカリキュラムにもとづき、丁寧な学習指導を行っています。土曜日の学力補充や長期休業中の補習授業、大学入試対策特別補習なども計画的に配置され、進路目標に応じた様々な模擬試験や資格試験などにも挑戦します。探究活動や課題研究にも生徒全員が意欲的に取り組み、ふるさとへの愛着を深め、ふるさとの発展に貢献できる資質能力を育成しています。平成16 年から中高一貫教育研究に取り組み、現在は丹生郡の全ての中学校と連携した一貫教育を行っています。約190 名の生徒が中高一貫連携クラスを卒業し、国公立大学等に進学し卒業した後は、ふるさとを担う人材として、県立学校教員、福井県職員、福井大学職員、薬剤師等で活躍しています。

学 級 数 進 路 状 況(平成29 年度卒業生)

 

部活動と学校行事等 全国レベルで活躍する部活動、主体性が育つ学校生活
【部活動】 女子ホッケー部は平成29 年度に全国高校総体2連覇を達成、男子ホッケー部も平成26 年度には全国高校選抜、全国高校総体、国体で3冠を達成するなど、輝かしい実績を誇っています。
弓道部も過去に全国選抜大会で女子準優勝を勝ち取るなど、全国大会の常連校として頑張っています。平成29 年度も全国高校総体に女子が、全国選抜大会には男子が出場しています。写真部も全国レベルで活躍しています。平成28 年度には全国で18 校しか出場できない「写真甲子園」に出場しました。その他、全国総合文化祭や各種の県外大会で多くの賞を受賞しています。オーケストラ部やバレー部、男子ソフトテニス部などは、校内の活動だけではなく、地元の中学校や各地域の団体との連携を図り、交流活動を行っています。その他の部活動も、顧問や外部コーチの指導を受けながら、日々活発に活動しています。本校の部活動の活躍の様子は、ホームページで紹介しています。



【学校行事】本校は学校行事において生徒の自主性を重視しています。文化祭ではセラミックアートセンターにおいて生徒会が選定したアーティストによるコンサートや合唱コンクールを実施し、校内でも全て手作りの衣装によるファッションショーなど見どころが満載です。体育祭では縦割りの色対抗でパフォーマンスやマスコットを競い合います。校内球技大会は審判も含め運営は全て生徒が主体的に行っています。修学旅行や遠足なども体験学習や班ごとに企画した班別研修など生徒の主体的な活動の場となっています。進路実現に対するサポートにも生徒が自主的に頑張れるような支援を最大限行っています。生徒の要望に応じて、必要な場合にはマンツーマンの指導を行うことによりその能力を最大限に発揮できるような体制がとられています。