啓発塾
4月2日〜3日

本年度の啓発塾(27年度入学生)

入学式に先駆けて、鯖江青年の家にて「啓発塾」を行いました。
啓発塾は連携クラスの親睦を図る行事で、今年で8年目を迎えます。
生徒たちははじめは緊張した面持ちでしたが、すぐに打ち解けた表情で様々な活動に積極的に取り組んでいました。

『啓発塾』とは幕末の福井藩士、橋本左内の著書にちなんで名付けられた合宿研修会
です。合宿を通して中学生活での学習の成果や体験で得たことなどを、スムーズに高
校生活につなげ、自己をさらに向上させるきっかけにしてもらいます。


4月2日
8:40〜 開塾式・オリエンテーション
9:10〜 クラス作り活動A
グループエンカウンター
(自分と仲間を
より深く知るために)
11:00〜 保健室からのメッセージ
11:40〜 課題チェック
12:00〜 昼食
12:40〜 教科体験学習@(国)


グループエンカウンター

スタンツ
13:40〜  教科体験学習A(社) 
15:00〜 レクリエーション
16:30〜 スタンツ(出し物)企画・練習

19:30〜 スタンツ、1日を振り返って
21:00〜 振り返り
4月3日
7:00〜 朝食
8:10〜 朝読書
8:50〜 クラス作り活動A 目標決め
9:30〜  教科体験学習B(理)
10:40〜 清掃
11:00〜  閉塾式 


教科別体験学習

 生徒の感想「研修を振り返って」より

●2日間、連携のメンバーと過ごして、改めていいクラスになりそうだなと思いました。初めてのことばかりで緊張しましたが、一つ一つの行事を楽しむことができました。これから3年間頑張っていきたいと思いました。教科体験学習で予習が大切だということを聞いたので、高校へ行った時に率先してできるといいと思っています。
●この2日間を通して、みんなとより仲良くなれたと思います。担任の先生とも仲良くなれました。このメンバーで3年間やっていくのが楽しみです。レクリエーションやスタンツ、食事やお風呂など、みんなでできたのが本当に楽しかったです。また、高校の授業も少し受けました。国語はとても大変だと分かったけど、頑張って勉強していきたいです。社会と理科も苦手なので、今回の授業のように楽しく覚えて苦手意識をなくしていきたいです。
●今回の啓発塾で、みんなと交流を深めることができたので良かったです。特にスタンツではみんなで盛り上がることができました。体験学習では、高校の勉強は大変そうだなと思いました。しかし、1年生からの積み重ねが大事なので課題や予習・復習をしっかり行っていきたいです。また、授業中は先生の話を聞いてメモを取るなどして、早く授業になれるようにしたいです。
●連携だけ啓発塾では、新しい担任の発表がありました。入学前に不安がありましたが、担任の先生が優しく声をかけてくださり、そのおかげで緊張せずに高校生活をスタートさせることができると思いました。
●高校の模擬授業などを一般の生徒より早く体験することができて、スタートがうまくきれました。